薬剤師求人・転職・募集データを探すなら

menu

薬剤師求人データバンク


【目的別】薬剤師転職サイト5選!転職を有利にすすめるコツ

2

有利に転職するためには、個々の目的に応じた転職サイト・求人サイトを利用することが必須です。

そこで、薬剤師の転職が有利になるサイトを用途・目的別にまとめてみます。

薬剤師の転職活動に欠かせない主要2サイト

この2つの転職サイトは、求人業界での知名度や、取扱い求人数は群を抜いています。

「リクナビ・マイナビともに聞いたことがない」という方は、ほとんどいないと思います。

大多数の薬局・病院・企業がリクナビかマイナビのどちらか、もしくは両方を利用して薬剤師の募集を行っています。転職を考えたら最優先で登録したいサイトです。

調剤薬局をメインに考えるなら

ファルマスタッフは調剤薬局業界、最大手の日本調剤が運営している転職サイトです。

東証一部上場の大企業「日本調剤」が運営しているだけあり、調剤薬局関連の求人・転職情報やノウハウには目を見張るものがあります。調剤薬局においては、ファルマスタッフでしか得られない情報があるほどです。

調剤薬局をメインに転職を考える場合は、リクナビ・マイナビ・ファルマスタッフの3サイトを上手に併用していくのがベストでしょう。

病院や企業をメインに考えるなら

薬キャリは調剤薬局の求人だけでなく、企業や病院の情報が多いのが特徴です。MRや治験コーディネーター、DI関連業務など、薬局薬剤師以外のステップを考えている方には、必須のサイトと言えるでしょう。

病院・企業をメインに転職を考える場合は、リクナビ・マイナビ・薬キャリの3サイトの併用がオススメです。

お祝い金をもらうためには

転職すると、20万円~40万円ほどお祝い金がもらえる転職サイトが存在します。転職お祝い金や転職支援金とも呼ばれます。

薬剤師・看護師・医師などの医療職は不足しているため、転職することでお祝い金がもらえます。

ジョブデポ薬剤師では、最大40万円
ファゲットでは、最大20万円

のお祝い金制度が用意されいてるので、リクナビやマイナビと合わせて登録しておいて損はないでしょう。

薬局薬剤師以外の経験をしたいなら

営業をやってみたい、経営コンサルタントを経験して独立したいなど、薬剤師以外の経験を積みたい場合は、リクナビNEXTの利用がオススメです。

キャリアの形成方法や、今までの経験を踏まえたアドバイスを受けながら、転職先を決めていくことができます。

お知らせ

またマイナビ薬剤師が利用者満足度No.1に

前年に引き続き、【マイナビ薬剤師】が利用者満足度No.1に選ばれました。4年間連続での獲得です。数ある転職サイトの中で利用者満足度No.1に選ばれ続ける背景には次のような理由があります。

≫マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師が利用者に選ばれる理由

1人あたりに紹介される求人数が多い

マイナビ薬剤師では、40,000件以上もの求人を保有し、1人の薬剤師あたり平均「21.1」件もの求人を紹介しています。

マイナビ薬剤師には「全国でモレのない求人紹介を行うことは当然の責任」という考え方があり、転職支援サービスに対する責任感・プライドが利用者からの高評価に結びついているのでしょう。

利用者満足度No.1

キャリアコンサルタントの質が非常に高く、1人1人、親身になって相談にのってくれます。

マイナビ薬剤師は薬剤師転職支援サービスの利用動向調査において、4年連続で「利用者満足度No.1」の評価を得ているのも納得できる結果です。(調査委託先:楽天リサーチ「薬剤師の転職支援サービス主要15ブランドにおける利用調査」(2016年11月実施)

≫マイナビ薬剤師で転職する

取り扱う求人の幅が広い

創業40年以上のマイナビは、総合転職サービスを行う会社として多くのビジネスマンを支援してきました。

「マイナビ」と言えば、就活生や転職者で知らない人はいないのではないしょうか。

マイナビは、一般転職をメインに行ってきた背景があるので、調剤や病院だけでなく企業への転職にも太いパイプがあるのが特徴です。

求人の幅が広いため、どこに転職するか迷っている方や、転職初心者の方にもオススメです。無料のサービスなので、まずは登録して相談してみるとよいでしょう。

マイナビ薬剤師
≪無料登録≫

「転職するか迷っている」方も!